スタッフ日記


by daimarunet

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メリークリスマス♪
こんにちは。遠藤です。

あの「ハンカチ王子」様が
北海道にやって来ます。
北海道日本ハムファイターズに入団することが
決まったのです。

さかのぼること4年前。
駒大苫小牧高を破り、北海道から
優勝旗をもぎ取って行きました。

北海道の人は僕を迎えることに対して
何かこだわりがあるのではないでしょうか
「ハンカチ王子」様はご心配のようですが、

ナンモナンモ…

北海道人は、百年前の○○○の戦い以来の敵だ味方だなどと
騒ぎ立てるような執念深さは持ち合わせてはいません。

ようこそ、いらっしゃい、大歓迎!!

かつて、北海道では野球といえば巨人でした。
でも、今はテレビの野球中継のメーンといえば日本ハム戦です。
しかも、今まで全く野球に興味のなかったお母さん達さえ
日本ハムのユニフォームを着て
札幌ドームに通っています。

巨人一辺倒から熱烈日本ハムファンへ。

この変わり身の早さは
ものごとにこだわらず、合理的な考え方をする
北海道人の特徴ではないでしょうか。

こんな北海道に
「ハンカチ王子」様はやってきます。

もうすぐ、クリスマスですが、
日本ハムにとって
「ハンカチ王子」様はサンタのようですね。

なぜって、

「ハンカチ王子」様は”何か”を持ってくるからです。

"何か持っている” ”持っている”と自分は言われ続けて来ました。
マスコミのインタビューで「ハンカチ王子」様はおっしゃっていました。
”何か”とは"何か”
さすが、学生らしく
自分で解答してみせました。

僕の”持っている”のは"仲間”です。
今年の流行語大賞の候補になるぐらい大うけでした。

「ハンカチ王子」様が
北海道に持ってくるのは、早大時代の"仲間”でしょうか?

何を持ってくるのでしょうか?

プレゼントを
あけてみるのが楽しみですね。

メリークリスマス♪
[PR]
# by daimarunet | 2010-12-22 10:51
最近・・・
 こんにちは、所員の寺沢です。
 
 最近めっきり寒くなりましたね(>_<)

 つい数ヶ月前までは夏の暑さにうんざりして

 「早く冬よ来て~」と思っていたのに実際に冬が来たら・・・

 
 昔は雪が降れば大喜びでしたが

 この歳になると

 ああ、除雪が・・・

 ああ、車乗ってて滑ったどうしよう~事故ったら~~

 ぐらいしか考えられません。



 子供っていいな・・・


 
 と、精神年齢5歳児の私は思うのでした。
 
[PR]
# by daimarunet | 2010-12-10 17:03
光の中へ
師走に入りました。こんにちは。遠藤です。

先月の初め、辻井伸行クンが札幌の音楽ホールKitaraにやって来ました。

彼は昨年の有名な国際ピアノコンクールで、日本人として初めて優勝した人です。
生まれつきの全盲のハンデを克服した上での快挙で、奇跡と話題になりました。

過激な人気に、チケット発売も抽選で、チケットを手に入れた人はもう、それだけで
幸運な人で、私もちょっぴり幸運のおすそ分けを頂いた一人でした。

私の席はステージの真後ろ、超人気の公演でなければ開放されない所で、
彼がピアノへ向かう背中を上から見下ろす位置にありました。

ショパンからリストへ、最後はムソルグスキーの「展覧会の絵」という
30分に及ぶ大曲です。難曲中の難曲だそうです。

ブラボー!!拍手の嵐…。何度も何度も。
そして、アンコール。

彼がアンコールの曲に選んだのは、
ショパンがジョルジュサンドと過ごした
地中海のマジョルカ島に旅した時に
自ら作曲した、「風の家」と言う曲でした。

奏でられた曲の何という美しさ、清らかさ。
温かな日差しがプリズムのようにきららかに輝き、
白黄茶濃淡様々な石造りの家々が建ち並び、
そこに静かに梢を揺らして風が吹き渡る。

そんな光景が鮮やかに浮かびます。
彼の心の目で捉えた世界のあまりの美しさにただ呆然、心が熱くなります。

彼の中には多分、あふれんばかり美しい夢が満ち満ちているのです。
それを彼は私たちに、語りかけてくれます。
世界はこんなにも美しく素晴らしいのだと!
生きていればこんなにも美しいものに出会えるのだと!

何度かのアンコールにこたえて、辻井伸行クンは
kitaraの扉の方へ向かいました。
私の席からは出て行く彼の後姿がよく見えました。
kitaraのステージにはまだ光があたっています。
でも、扉の向こうはさらにまばゆい光がさしていました。
彼は出て行きました。
まるでそれは、光の中へ歩み出すようでした。


美しい夢の余韻に浸りながら、私も家路をたどりました。

ああ、哀しいかな

心に満ちた美しいピアノの調べは、いつしか
明日のお弁当はなににしようかしら
という思案に変わっていっているのでした。
[PR]
# by daimarunet | 2010-12-03 14:47
10月 とある日曜日
こんにちは。遠藤です。

10月のとある日曜日、
山に登って来ました。
富士山と言いたいところですが、
上富良野の方にある三段山という
ほんの初心者クラスの高さの山です。

急峻な段々があって、次にゆるやかな上りとなって、
それが3つ続くというので、
三段山というのだそうです。

はあはあ、ぜいぜい、
登るに従い、日頃運動不足の私は
たちまち、息があがり、ひんやり冷たい空気なのに、
汗がふきだしてきます。

中腹あたりからほぼ積雪状態の登山道。
軽くキックする要領で登ります。

はあはあ、ぜいぜい、
もう、これ以上、足が上らない、
と思ったところで、ようやく頂上です。

あっ!!
そこに待っていたのは、周りを取り囲む山々のパノラマ。
赤茶けた山肌の尾根を馬の鬣のように
緑濃いハイマツが走り、
白い雪を五合目ほどかぶった十勝岳連峰の山々が迫ります。

10年に1度見られるかどうかの絶景と言うガイドさんの声に
ますます感動が…。

最近は登山ブームだと言います。
山ガール達がそれを華やかに彩っています。

残念ながら、
私は山ガールではありません。
どちらかと言えば、山(ん)婆に近いです(笑)

それでも、こんな素敵な景色に出会えると
また登ろうかな、
そう、思えるのです。
[PR]
# by daimarunet | 2010-11-12 17:04
為替オプション
所長の村上です。
先週、東京での為替オプションセミナーに参加してきました。

参加といっても、御相談を受ける側の助っ人です。
予想以上に(今回の円高で)為替差損の直撃を受けている方が多かったためです。
それにしても、驚いたのは、

  ・問題が深刻なこと。
   (なぜ深刻なのかは、機会をあらためて~~)
  ・その差損を、営業利益で吸収している法人が過半であること。

等です。体力のあるところにしか売っていなかった為替OPなのでしょうが、それにしても営業利益で吸収したり、スポットの為替で吸収していること自体に驚きました。
北海道の法人であれば、体力が首都圏に比べ見劣りしますので(オマエが一番見劣りする、と言われそうですが~)、営業利益ではなく「担保物件の処分で~」と言う具合になるのではないかと考えています。

最近、中国の方と商談する機会が多くなりました。
御同業の方も、多くなったのでしょうかと、今度聞いてみようかと考えています。
それにしても、商習慣の違いには驚くばかりです。
食事のマナーにも驚きますが~~
そう言えば私は、学生の頃、(全寮制だったので)シンガポールからの留学生と4カ月ほど同室だったことがあります。優秀な学生で、帰国すれば中堅幹部、末は高級官僚の御仁でした。
今度機会があったら、連絡し会ってみようかななどと考えています。

ではでは、また!
[PR]
# by daimarunet | 2010-10-27 18:41
カテゴリ
全体
未分類

以前の記事
2015年 05月
2014年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

最新の記事
レ・コード館
at 2015-05-14 14:23
野菜ビュッフェ
at 2014-09-08 15:05
リスベットのミステリー
at 2012-05-30 21:04
久しぶりに~
at 2012-04-15 14:38
春が来た
at 2012-04-11 16:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧