スタッフ日記


by daimarunet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
久しぶりに~
所長の村上です。
久しぶりに、ブログにナウです。
一寸、さぼりすぎたようですが、これからは少しづつでも面白そうな話を書き込みます。

今週、札幌商工会議所のサムライクラブのインタビューがあるそうです。
ウチの事務所を宣伝してくれるとかで、ありがたいお話です。
ウチの事務所の特徴といえば、不動産に強いということです。

住宅系ならば、ほとんど経験済、オフィス系も、信託受益権も経験済です。
店舗はオーナーとしては経験済、店子で運営は未経験ですが~

このように「不動産なら何でも経験している。何でも対応できる」(とは言え、前記の店子etcは未経験ですが~~)などと豪語すると、よく言われるのが、

・暴力団事務所の立ち退きなんかも経験あるのですか?
・自殺者や刃傷沙汰の不動産も処理したこと、あるのですか?
・火災の建物とか、心霊スポットなどは~

などと意地悪な質問をされることがあります。
私の答えは、「店舗系の不動産の運営は未経験ですが~、他は大体こなしましたよ」です。

各論的なことは、守秘義務の問題もありますし、口が堅いのが信条ですから控えさせていただきますが、今日は火器と刀剣関連について述べてみたいと思います。

ウチの事務所の車で、三菱のコルト
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/colt/lineup/clean_air/index.html
があります。4WDですから札幌の冬道でも大丈夫です。
とは言え、私はコルトというと
COLT45M1911A
http://www.coltsmfg.com/Catalog/ColtPistols/Colt1991Series.aspx
をすぐに思い出します。

コルトガバメント、45口径は私が19歳の時、M1ライフルの次に手にした銃です。
10mの的に10発撃って、3発しか的に入りませんでした。
M1なら、300m離れていても、半径30cm程度の中に5/10程度は当ててていた後の
拳銃射撃訓練ですから、自信喪失しましたね、あの時は。
今思えば、防衛大というのは色んなことを教えてくれるところで、面白いところでした。
(1年間、あるいは数年間は、地獄の苦しみですけどねェ~)

一寸した事故で、銃剣傷を負ったこともあります。
「痛かったか?」とよく聞かれますが、全く痛くはありません。
何故かというと、即意識を失うからです。
正確に言うと、その瞬間は、息が止まって、体がしびれ、次の瞬間には意識喪失です。
気が付くと、救急車の中、銃剣傷の足は止血のため痺れっ放し。
ズボンの脚の部分は、放尿したかのごとくぐしょぐしょに濡れています。
むろん、尿ではなく、真っ赤な出血ですのでズボンは即日廃棄。
横須賀地区病院(通称、カチク~~)で、ナースと医師が、手際よく笑いながら縫合して終わりです。

こんな話を、ハジキとかチャカとか息巻く御仁に話しますと、大体仲良くなれます。
大家様の立場はこうですよ、警察はこう考えているみたいですよ、お話がまとまったらこの賃貸者契約解除証書に署名捺印するのですよと紳士的に(かつ大家様と一緒に)お話しますと、暫くした後にはご理解とご協力を頂くことができるものです。

ということで、今日は このへんで~
[PR]
by daimarunet | 2012-04-15 14:38
カテゴリ
全体
未分類

以前の記事
2015年 05月
2014年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

最新の記事
レ・コード館
at 2015-05-14 14:23
野菜ビュッフェ
at 2014-09-08 15:05
リスベットのミステリー
at 2012-05-30 21:04
久しぶりに~
at 2012-04-15 14:38
春が来た
at 2012-04-11 16:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧