スタッフ日記


by daimarunet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
メリークリスマス♪
こんにちは。遠藤です。

あの「ハンカチ王子」様が
北海道にやって来ます。
北海道日本ハムファイターズに入団することが
決まったのです。

さかのぼること4年前。
駒大苫小牧高を破り、北海道から
優勝旗をもぎ取って行きました。

北海道の人は僕を迎えることに対して
何かこだわりがあるのではないでしょうか
「ハンカチ王子」様はご心配のようですが、

ナンモナンモ…

北海道人は、百年前の○○○の戦い以来の敵だ味方だなどと
騒ぎ立てるような執念深さは持ち合わせてはいません。

ようこそ、いらっしゃい、大歓迎!!

かつて、北海道では野球といえば巨人でした。
でも、今はテレビの野球中継のメーンといえば日本ハム戦です。
しかも、今まで全く野球に興味のなかったお母さん達さえ
日本ハムのユニフォームを着て
札幌ドームに通っています。

巨人一辺倒から熱烈日本ハムファンへ。

この変わり身の早さは
ものごとにこだわらず、合理的な考え方をする
北海道人の特徴ではないでしょうか。

こんな北海道に
「ハンカチ王子」様はやってきます。

もうすぐ、クリスマスですが、
日本ハムにとって
「ハンカチ王子」様はサンタのようですね。

なぜって、

「ハンカチ王子」様は”何か”を持ってくるからです。

"何か持っている” ”持っている”と自分は言われ続けて来ました。
マスコミのインタビューで「ハンカチ王子」様はおっしゃっていました。
”何か”とは"何か”
さすが、学生らしく
自分で解答してみせました。

僕の”持っている”のは"仲間”です。
今年の流行語大賞の候補になるぐらい大うけでした。

「ハンカチ王子」様が
北海道に持ってくるのは、早大時代の"仲間”でしょうか?

何を持ってくるのでしょうか?

プレゼントを
あけてみるのが楽しみですね。

メリークリスマス♪
[PR]
by daimarunet | 2010-12-22 10:51
最近・・・
 こんにちは、所員の寺沢です。
 
 最近めっきり寒くなりましたね(>_<)

 つい数ヶ月前までは夏の暑さにうんざりして

 「早く冬よ来て~」と思っていたのに実際に冬が来たら・・・

 
 昔は雪が降れば大喜びでしたが

 この歳になると

 ああ、除雪が・・・

 ああ、車乗ってて滑ったどうしよう~事故ったら~~

 ぐらいしか考えられません。



 子供っていいな・・・


 
 と、精神年齢5歳児の私は思うのでした。
 
[PR]
by daimarunet | 2010-12-10 17:03
光の中へ
師走に入りました。こんにちは。遠藤です。

先月の初め、辻井伸行クンが札幌の音楽ホールKitaraにやって来ました。

彼は昨年の有名な国際ピアノコンクールで、日本人として初めて優勝した人です。
生まれつきの全盲のハンデを克服した上での快挙で、奇跡と話題になりました。

過激な人気に、チケット発売も抽選で、チケットを手に入れた人はもう、それだけで
幸運な人で、私もちょっぴり幸運のおすそ分けを頂いた一人でした。

私の席はステージの真後ろ、超人気の公演でなければ開放されない所で、
彼がピアノへ向かう背中を上から見下ろす位置にありました。

ショパンからリストへ、最後はムソルグスキーの「展覧会の絵」という
30分に及ぶ大曲です。難曲中の難曲だそうです。

ブラボー!!拍手の嵐…。何度も何度も。
そして、アンコール。

彼がアンコールの曲に選んだのは、
ショパンがジョルジュサンドと過ごした
地中海のマジョルカ島に旅した時に
自ら作曲した、「風の家」と言う曲でした。

奏でられた曲の何という美しさ、清らかさ。
温かな日差しがプリズムのようにきららかに輝き、
白黄茶濃淡様々な石造りの家々が建ち並び、
そこに静かに梢を揺らして風が吹き渡る。

そんな光景が鮮やかに浮かびます。
彼の心の目で捉えた世界のあまりの美しさにただ呆然、心が熱くなります。

彼の中には多分、あふれんばかり美しい夢が満ち満ちているのです。
それを彼は私たちに、語りかけてくれます。
世界はこんなにも美しく素晴らしいのだと!
生きていればこんなにも美しいものに出会えるのだと!

何度かのアンコールにこたえて、辻井伸行クンは
kitaraの扉の方へ向かいました。
私の席からは出て行く彼の後姿がよく見えました。
kitaraのステージにはまだ光があたっています。
でも、扉の向こうはさらにまばゆい光がさしていました。
彼は出て行きました。
まるでそれは、光の中へ歩み出すようでした。


美しい夢の余韻に浸りながら、私も家路をたどりました。

ああ、哀しいかな

心に満ちた美しいピアノの調べは、いつしか
明日のお弁当はなににしようかしら
という思案に変わっていっているのでした。
[PR]
by daimarunet | 2010-12-03 14:47
カテゴリ
全体
未分類

以前の記事
2015年 05月
2014年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

最新の記事
レ・コード館
at 2015-05-14 14:23
野菜ビュッフェ
at 2014-09-08 15:05
リスベットのミステリー
at 2012-05-30 21:04
久しぶりに~
at 2012-04-15 14:38
春が来た
at 2012-04-11 16:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧